サンメカshimoの日記

ど素人でどこまで出来るのか?サンデーメカニックのシモテンが挑戦するDIYと日常

チープカシオのバンドを350円で交換する!自分で交換する方法を動画でも

f:id:shimoten:20191024003359j:plain

シモテンです

普段から大した腕時計はしていない

営業や客商売など違い、外仕事で使う腕時計ともなれば尚更だ

ぶつける、落とす、擦る、引っ掛ける等は日常茶飯事

私が使っているのはCASIOスタンダード

「スポーツギア タイドグラフ ソーラー W-S210H-1AJF」

通称「チープカシオ」だ

手間いらずのソーラー腕時計で、見易いデジタル表示、軽くて使い易い

 今回はド素人が行ったチープカシオ「CASIO腕時計 スポーツギア タイドグラフ ソーラー W-S210H-1AJF」のベルトの外し方交換方法を紹介する

 

切れたCASIO腕時計のバンド交換

CASIOのGショックなどで困るのが、樹脂製のバンドやプロテクターが劣化により破損してしまう事だ

酷くなるとバラバラになり、本体だけになってしまう

今回は、ぶっち切れてしまったCASIOスタンダードのバンド交換をしてみた

 

激安バンドを手に入れる

CASIOスタンダードの腕時計バンドを購入する

ホームセンターに行ってみたが「CASIO純純正バンド」は販売していない

凡庸品で取り付け可能な幅のバンドはあるが、デザイン的に合うはずもない

ネット検索してみると「CASIO純正ハンド」を発見!

やっぱネットはすげぇよ

だが、しかし、お値段ナント「3850円!

チープカシオの本体価格は約4000円だ

本体とのバンドが同じ値段って、どういうこと!?

買うわけ無いじゃん!

ここで諦めずに更に検索

激安!チープCASIO腕時計互換品「送料込みで350円!」を手に入れた

f:id:shimoten:20191024202711j:plain

激安!互換品をゲット

交換作業

無事に激安バンドを入手して作業開始

交換はベルトを留めている「バネ棒」を外すだけだ

伸縮するバネ棒を縮めて、外すのだ

時計本体とベルトの隙間に極薄のマイナスドライバーを差し込んで外すことも出来なくはない

f:id:shimoten:20191024205337j:plain

この隙間に工具を挿し込み、バネ棒を縮める

しかし、これが結構大変なこともある

先端が平らなマイナスドライバーでは、バネ棒の「突起部分」を捉えることが難しい

滑ってしまいバネ棒を押し下げられないのだ

バネ棒に曲がりがあったり、サビや埃で動きが渋くなっていれば尚更だ

先端が「U字」になっている専用工具があれば簡単に外せるだろう

ちょうど100均の精密ドライバーセットがあったので先端真ん中を少し削って自作した

f:id:shimoten:20191024210227j:plain

100均を加工して

バネ棒を押し縮めながらバンドごと引き抜いて外す

バネ棒に曲がりやサビがないか確認しておく

取り付けは逆の手順で行う

f:id:shimoten:20191024210531j:plain

純正品と違ってマチは多少あるが、デザイン的にもまったく違和感はない

むしろバンドの幅が少し広くなって、はめた感じもしっくりくる

これなら、まだまだイケそうだ

CASIOスタンダードシリーズは安くて、デザインもカッコいい商品が沢山ある

しかも、バンド交換を自分でやれば、350円で出来る

楽しく、タフに使い倒すのには悪くない

f:id:shimoten:20191024210804j:plain

特に違和感はない

ド素人サンメカshimoのわかりやすい交換方法の動画はこちら☟

 

↓ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
↓出来ればこちらも、押して下さい!