サンメカshimoの日記

ど素人でどこまで出来るのか?サンデーメカニックのシモテンが挑戦するDIYと日常

データを移行!ソフトを使ってHDDからSSDのクローンを自分で作る

f:id:shimoten:20200115233025j:plain

シモテンです

前回は古くなったノートパソコンを蘇らせるべく、ハード面でHDDをSSDに換装した記事を動画付きで紹介した

今回は、HDDに入っていたデータを新しいSSDにソフトを使って移し替える方法を紹介する

今まで使っていたハードディスク(HDD)の中身をコピーして、新しいSSDに移し替える「クローンSSDを作る方法」である

SSDのメーカーで提供されていた 「Acronis True Image HD」というソフトウェアを使ったHDDからSSDのクローンを作成する方法を紹介する

 

 HDDからクローンSSDを作る、データを移し替える方法はいくつかある

パソコンショップに依頼する

安心、確実なのはプロに頼むことだ

PCデポなどのパソコンショップに依頼すれば有料でデータ移行作業を行ってくれる

店舗でスタッフと顔を会わせ、対話しながら質問やアドバイスをもらうことも出来るので確実で安心できる

 

HDD/SSDスタンドを使う

ハードディスクやSSDをスタンドに挿し込んで、ボタン一つを押すだけで簡単にデータの移行やクローンSSDを作り出すことが出来る

ディスクスタンドはAmazon等では4000円前後で購入することが可能だ

実際に使用したことはないが、自分でハードディスクをパソコンから取り出すことが出来るのであれば、データ移行の作業自体は難しくないだろ

HDD/SSDスタンドはパソコンを使わなくても、挿してボタンを押すだけで簡単にクローンSSDが作ることが魅力だ

 

移行ソフトを使う

ハードディスクのデータを移行、クローンSSDを作るためのソフトも多数存在する

フリーで使用できるソフトもある

特にSSDを販売しているメーカーが用意している移行ソフトは手順やサポートもあり、使い易い

今回は、自作パソコンで使用したSSDである「ADATA」からダウンロードした、ディスク移行ユーティリティ「Acronis True Image HD」を使ってクローンSSDを作ってみた

 

HDD、SSDを接続

移行ソフトを使う前に、HDDとSSDをパソコンに接続しておかなくてはならない

シリアルATA(SATA)通信ケーブルと電源供給ケーブルをパソコンと繋ぐのだが、4箇所あるSATA通信ポートは既に全て使われている

SSD、HDD、マルチドライブ、マルチカードリーダーの4機がマザーボードに繋がっているのだ

仕方が無いので、一時的に「マルチカードリーダー」と、「DVDマルチドライブ」のSATAケーブルを外して、HDDとSSDに差し替えた

電源供給ケーブルは分岐されて、2箇所遊んでいた電源コネクターがあったので、そこに接続して繋げた

 

新しいディスクをフォーマット

これで準備完了かと思いきや、新しいSSDはフォーマットしなければならない

win10で簡単に流れを説明しておくと

「スタート」→「windows管理ツール」→「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」→未割り当ての新しい初期化されていないディスク→ディスクの初期化→パーティションスタイルの選択→MBR(マスターブートレコード:2TB以下)→「OK」→

この後「新しいシンプルボリューム」のウィザード開始となるので、指示に従って「次へ」をクリックして進んで行けば「フォーマット」を完了することが出来る

以上のような順番でSSDなどの新しいディスクを認識、使えるようにする

 

「Acronis True Image HD」の使い方

まずはソフトを起動させる

「ツール」を選択

ディスクのクローン作成をクリックする

f:id:shimoten:20200112235824j:plain

ディスクのクローン作成ウィザードが開く

クローン作成モードを選択する

クローンモードでは「自動(推薦)」を選択して次へ

f:id:shimoten:20200112235853j:plain
 

一覧からソースデバイスを選択する

一覧に示されているディスクからソースディスクを選択する

ソースディスクは、今使っているクローン元(コピー元のデータが入っている)のHDDを選択して次へ

次の行程に行くまで、しばらく(約一分位)待つ

f:id:shimoten:20200113000038j:plain
 

ターゲットディスクを選択する

一覧に示されているディスクからターゲットディスクを選択する

ターゲットディスクはクローン先(新しい何も入っていないコピー先)のSSD等を選択して次へ

画像では、シモテンの作業完了したパソコンなので約1.8TBのHDD「WD20EZRZ」が選択されているが、本来はここで新品のSSDを選択する

f:id:shimoten:20200113000520j:plain

 

ターゲットハードディスクにあるパーティションを削除を選択してOKボタンをクリック

f:id:shimoten:20200113001400j:plain

概要を読んで、「実行」をクリック

 

ディスクのクローンを作成中‥

 

ディスクのクローンが完成!

 

ほぼ、全てのデータをコピーすることが出来るのだが、パスワードシリアルナンバーの再登録や再入力が必要になることがある

必ず、各ソフトやアプリのIDなパスワード、シリアルナンバーを事前に控えておくことだ

⬇ブログ村ランキング参加中!ポチクリお願いします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

⬇出来ればこちらも、押して下さい!