サンメカshimoの日記

ど素人でどこまで出来るのか?サンデーメカニックのシモテンが挑戦するDIYと日常

あがる水飛沫と歓声!天竜川下り

今週のお題「残暑を乗り切る」

天竜船下りで豪快水飛沫を浴びる!

シモテンです

軽井沢や八ヶ岳など、避暑地として有名な長野県

涼を求めて別荘地が点在する

そんな長野県のアルプス山脈の間を流れているのが天竜川だ

その天竜川で、残暑を乗り切るのにおすすめの景観とスリルを堪能できる

天竜船下り

を体験してきた

f:id:shimoten:20190830003036j:plain

豪快に水しぶきをあげるて急流を進む船に乗り、残暑を楽しく乗りきる

まずは弁天港へ

天竜船下りは長野県飯田市の弁天港を出発点に、時又港までの天竜川の急流を約35分かけて船で下る体験型の観光だ

まずは愛車を弁天港の無料駐車場に入れ、受付をする

f:id:shimoten:20190830002433j:plain

弁天港乗船場

船は定時出発なので、タイミングに拠っては待合室で待つことになる

団体客の予約が入っている事もあるので、事前予約が安心だ

さぁ、涼しい船下りへ出港だ

トイレを済ませ、救命胴衣を着たら天竜船下りへ出発だ

出港直後、餌をねだりに沢山のトンビが船の近くまでやって来る

トンビの餌は待合室で販売していた

f:id:shimoten:20190830002615j:plain

沢山のトンビが間近に

川面を吹き抜ける涼風と瀬音に包まれて残暑も忘れてしまう

しかし、のんびり船頭さんの観光案内を聴いていられるのも初めのうちだけだ

徐々に流れが早くなり、いつしか舳先から跳ねあがる水飛沫が船内に飛び込んでくる

「これだよ、ずぶ濡れウェルカム!」

f:id:shimoten:20190830002747j:plain

豪快な水飛沫!

ずぶ濡れ上等!

備え付けのビニールシートを上手く使えば、「ずぶ濡れ」にはならないと思う!?のでご安心を

そこは自然相手だし、多少濡れることこそが天竜船下りだと割り切って楽しむべし

f:id:shimoten:20190830002912j:plain

ビニールシートを上手く使え

無事に終点の時又港に着けば、待機している無料シャトルバスに乗って出発点の弁天港まで送ってもらえる

終わってしまうと35分などアッという間だ

「もっとずっと下流まで流されたい~」

f:id:shimoten:20190830003137j:plain

まだまだ続く残暑は「濡れて乗り切れ!」

涼しくて楽しい「船下り」がお勧めだ

天竜船下りの豪快な動画がこちら⬇

ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 
出来ればこちらも、押して下さい!