サンメカshimoの日記

ど素人でどこまで出来るのか?サンデーメカニックのシモテンが挑戦するDIYと日常

おいしい!長瀞のお豆ふ処【うめだ屋】

シモテンです

新型コロナウイルスが拡大する中、この様な記事を載せることには抵抗があるのですが、敢えて載せます

これは、ゴールデンウィークが始まる前

秩父市長からの「秩父への来訪自粛」要請が出る直前の平日に車を走らせた

長瀞 お豆ふ処【うめだ屋】へ

目的地は埼玉県秩父にある、長瀞のお豆ふ処「うめだ屋」だ

出かける前に、「三密」や混雑しているならば引き返す事を決めていた

 

高速でもPAやSAにも寄らず、「うめだ屋」を目指す

愛車ZCTのタイヤを、スタッドレスから夏タイヤに交換し、高速走行でのガタつきやブレが無いかのチェックも兼ねており、結果は良好だ

平日ということもあり、高速も一般道も渋滞無しで13時少し前に到着

f:id:shimoten:20200429002623j:plain

「うめだ屋」(ZCTの車中より)

左側は売店

感染防止対策

駐車場には三台の車が止まっていた

店先で店員さんが出迎えて頂き、店の中に案内された

店内の客数によっては、入店出来ないのだ

入口には「消毒液」が置かれていて、入念に消毒をして入店した

 

うめだ屋には、以前にも1度食事に訪れたことがある

その時と比べて、圧倒的に客席が少ない

約、半分くらいの座席数しか無く、各テーブルとの距離が大きく取られていた

窓は開けられていて、麗らかな春めいた風が店内にそよいでいた

 

おとうふランチとドリンクデザートセット

注文したのは「おとうふランチ」とドリンクデザートセット

女性の店員さんはマスクをしているが、気さくで優しい目をしていた

f:id:shimoten:20200428233911j:plain

おとうふランチ

メインのお豆腐は、にがりを感じとれる濃厚な美味しさ

最初はそのまま味わって

「濃厚滑らかクリーミー!」

少し食べたところで、テーブルに用意されている「藻塩」をほんの少しかけて食べる

すると、塩によって甘みが加わった感じで、また感動

 

今朝絞った「濃い豆乳」、そして「雪花菜サラダ」

 

どの料理も、濃すぎず、薄すぎず、しかし旨みのある絶妙な味なのだ

 

一品、口に入れる度に幸せが訪れる!

一品、口に入れる度に家族で会話が弾む!

 

ゆっくり「おとうふ」を堪能した後は、豆乳ラテ&デザート

デザートは「豆乳プリンor豆乳チーズケーキ」を選べる

どちらも濃い豆乳を使用したナチュラルな甘さのスイーツデザートだ

私は、豆乳チーズケーキをいただいた

f:id:shimoten:20200428234133j:plain

豆乳ラテ&豆乳チーズケーキ

肉類を一切使用しない「おとうふ尽くし」の美味しいランチに、大満足

食事が終わった時には、店内はシモテン家族だけとなっていた

雑誌のお店紹介で見るような、誰もいない店内を写真に収めることが出来た

f:id:shimoten:20200428234820j:plain

隣接の売店

おとうふランチを美味しく頂いた後、食事客には隣接する売店で「おから」を分けて頂けるとのことで寄ってみた

売店では好物の「おからドーナツ」(プレーンとチョコレート)を自宅で食べるために、お土産として購入した

ランチで頂いた「おからサラダ」の作り方も掲示されていて、妻はスマホで撮っていた

こちらの売店でも、入場制限ということで一組ずつしか立ち入ることは出来ないようになっている

 

来訪自粛のお願い

食事中にも店には、何件かの問い合わせ電話が入っていた

おそらくゴールデンウイーク中の営業についての問い合わせであろう

「状況次第では休業をするかもしれません。申し訳ありません」と答えられているのが聞こえていた

現在は秩父地域へ行くことをやめて頂くように、と秩父市長や観光協会では訴えている

秩父地域に来訪される皆さまへお願い | 秩父観光協会

現在(4月28日)、新型コロナウイルスの影響でゴールデンウイーク終了までランチ営業は休業を余儀なくされてしまっているようだ

 

今は我慢だ

おとうふ処「うめだ屋」は、美味しい「おとうふランチ」が食べられる店として、とても人気のある店なのだ

通常ならば、ランチ時には満席で「待ち」が出ることも覚悟の状況で、ランチ時に人のいない店内を写真に撮ることは難しい

多くの方が、外出自粛に協力していることが分かる

そのような状況の中、紹介した「うめだ屋」を始め多くの良心的な飲食店が、消毒、喚起、客席の距離、入場制限と考えられることを懸命に行っていることを改めて直に感じ、皆さんにお伝えしたく批判覚悟で記事にしました

【うめだ屋】対応の詳細はホームページから

www.umedatofu.com

自粛警察

ニュースでは懸命に頑張っている店に、「バカ」「警察に通報する」等の張り紙をする「自粛警察」なる行為が起こっている

このような人達からすれば、厳密に言えば、「家族で向き合って食事する」事すらも感染する可能性があり、犯罪だということになるのだろうか

「自粛警察」を自負する者が、本当に正義感を持って行動しているのであれば、向かう先は「感染防止に配慮しながら生活を守るために懸命に闘っている店」ではないだろう

混雑するホームセンターや家電量販店、バーベキューやパチンコ店等の、本当に「密」状態にある人々に感染防止の注意を呼びかけることではないだろうか!?

なんとも悲しい状況だ

 

「店の営業はしてもかまわないが、客が食べに行くのはやめろ」というような今の状況で、多くの飲食店が苦しんでいる

勿論、多様な考え方があり、今後も続くであろう「自粛」という状況で外食に行くかどうかの選択も最終的には個人であると思っている 

 「ステイホーム週間」がスタートした

大勢が接触する可能性が高まるGWは大事なポイントと決めて、様々な店舗も、個人も、残念ながら我慢の選択をしている

 

一日も早く、堂々と出かけられるように!

↓ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
↓出来ればこちらも、押して下さい!