サンメカshimoの日記

ど素人でどこまで出来るのか?サンデーメカニックのシモテンが挑戦するDIYと日常

ウイルス対策にダイキン工業のストリーマ空気清浄機を購入

家庭内感染はどうする!?

シモテンです

新型コロナウイルスの影響が広がり、緊急事態宣言や学校は臨時休校と、品不足やデマ等の報道に落ち着かない毎日だ

 

感染が拡大する中、心配なのが家族が感染してしまった時の「家庭内感染」だ

家庭内での感染リスクを少しでも下げるためにシモテン家では、新型コロナウイルス予防対策の一つとしてダイキン工業のストリーマ技術を搭載した加湿ストリーマ空気清浄機「MCK55V-W」を購入した

最初に断っておくが、ダイキン工業の「ストリーマ」が新型コロナウイルスを分解出来るとメーカーが発表している訳ではない

f:id:shimoten:20200302192240j:plain

ウイルスを抑制するダイキン工業のストリーマ放電

 

自宅内ではマスクをしてない

我が家の息子も休校になり、本人は気楽に考えているようでリラックスしている

暫くは不要な外出を極力避け、拡大防止を意識するつもりだ

しかし、仕事は休みでもなく、生活必需品の買い物にも行かなくてはならず感染のリスクはある

更に気になるのが、家族が感染してしまった時の自宅看護による「家庭内感染」だ

日本の厚生労働省は、「ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~」を発表した

  1. 部屋を分けましょう
  2. 感染者のお世話はできるだけ限られた方で
  3. マスクをつけましょう
  4. こまめに手を洗いましょう
  5. 換気をしましょう
  6. 手で触れる共有部分を消毒しましょう
  7. 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
  8. ゴミは密閉して捨てましょう

外出時はマスクや注意をするものの、家庭内ではマスクをする習慣がなく、気を抜いて忘れてしまいがちだ

「空気感染」に近い「エアロゾル感染」も否定出来ない状況をどうするのか

そこで思い出したのが通勤電車の広告で見たダイキン工業の「ストリーマ」技術だった

 

ダイキン工業のストリーマとは

ダイキン工業の加湿ストリーマ空気清浄機MCK55V-W」に搭載されているストリーマ技術とは、どんなものなのか

難しい詳細についてはダイキンのホームページ等で確認してもらうしかないのだが、ストリーマ放電により有害物質を酸化分解する技術だ

プラズマ放電の一種であるストリーマ放電は、一般的 なプラズマ放電(グロー放電)と比べて、酸化分解力が1,000倍以上の「高速電子」を発生する

その分解力は、およそ10万℃の熱エネルギーに匹敵

それを空気清浄機のフィルターなどに付着したウイルスや微粒子に照射することで、それぞれのウイルスを包むたんぱく質を酸化分解し、ウイルスを抑制する

 

f:id:shimoten:20200302213858j:plain

ストリーマによる分解のしくみ

現時点で新型コロナウイルスを入手しての実験は困難だと思われ、コロナウイルスに対する抑制効果実証のデータはない

しかし、食中毒の原因となる毒素や細菌といった有害物質やノロウイルス、私も苦しんだインフルエンザウイルス A型 (H1N1)(H3N2)など様々なウイルスに対する抑制効果の実証試験結果も学及び公的研究機関と共同で実証されている

これらの結果から新型コロナウイルスに対する抑制力も期待されるところだ

実験データは、ダイキンのホームページにある「ストリーマの技術に関する実感結果」に掲載されている

空気清浄機|ダイキン工業株式会社 

加湿ストリーマ空気清浄機「MCK55V-W」f:id:shimoten:20200303064457j:image

新型コロナウイルス対策を期待しての購入なのでストリーマだけについて触れてきたが、加湿機能付き空気清浄機としても優秀だ

ストリーマの他にも、飛び出す「アクティブプラズマイオン」も搭載

プラズマ放電によりイオンを放出し、カビ菌やアレル物質などに作用、抑制する

タバコの臭い、花粉、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去にも効果を発揮する

 

実際に設置してみると結構大きい 

MCK55V-Wはスリムタワー型、との事だが外形寸法(mm)700(H)×270(W)×270(D)は思った以上にデカく感じるf:id:shimoten:20200303064537j:image

確かに横幅はスリムではあるが、奥行きがあるためにかなり前方へ出っ張ってくるのだ

今まで使っていた空気清浄機は加湿機能が無いタイプだったので、比べると余計に大きく感じる

隅っこに置いておく分には、それ程違和感はないのかもしれないが

 

設定されているコースは4つ

  • 風量自動:自動で風量を調整したいとき
  • 節電:電気代を節約したいとき
  • 花粉:花粉が気になるとき
  • のど・はな:のどやお肌の乾燥が気になるとき

f:id:shimoten:20200303064637j:image

通常は「風量自動コース」にしておけば空気の汚れ具合や湿度状態に応じて自動的に風量を調整してくれる

フルパワー発揮時は流石に音が大きいが、節約モード時には非常に静かで音が全く気にならないレベルだ

以下は動きのない動画なので、動作の音だけ参考にして下さい

長寿命なフィルター&ストリーマユニット

結構気になるのがフィルターなどの交換時期だ

こう言う部品は、予想以上に高いことがある

ストリーマ空気清浄機「MCK55V-W」の交換部品は「加湿フィルター」「集塵フィルター」「ストリーマユニット」の3点

これら3点の部品の交換目安は10年と長く、非常にコスト的に助かる

 

家族の安心のための出費

f:id:shimoten:20200303064802j:image

厚生労働省は新型コロナウイルスの感染者が増え、入院体制が不足する都道府県では、症状が軽い感染者は入院せず、自宅療養とする方針を発表した

しかし、自宅内での家族間感染の可能性は高まる

今回購入したダイキン工業の加湿ストリーマ空気清浄機「MCK55V-W」は2019年の旧モデルで、2月末のネット購入で30000円だった

その後、「価格.com」を見るとダイキン工業のストリーマ搭載の空気清浄機の価格は軒並み上昇しているようだ

f:id:shimoten:20200303065348j:image

我が家にとって30000円は決して安い金額ではない

新型コロナウイルスに対する明確な実験データも無い

しかし、密閉された空間となる自宅内での家族間感染を防ぐため、家族の健康と安心を守るための出費は仕方ないところだ 

数週間の辛抱を強いられそうだが、心安らぐ春を迎えたいものだ

↓ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
↓出来ればこちらも、押して下さい!