サンメカshimoの日記

ど素人でどこまで出来るのか?サンデーメカニックのシモテンが挑戦するDIYと日常

大量発生!ヒイラギハマキワタムシの発生時期到来

白い物体が!なんじゃこりゃー

サンメカshimoです

子供が生まれた時に、役所からの記念として「キンモクセイ」を貰った

生命力が強く、枝葉も繁り、どんどん大きくなる

料理と同じく、植物にも疎いのだが適当に剪定してみた

剪定時期を調べてみた

秋の開花後から翌春の4月までの寒い時期を避けて剪定する

枝数を減らして、内部への日当たりと風通しを良くする

他にも留意するポイントは沢山あるだろうが、素人ゆえに適当に剪定してしまった

白い綿毛 

剪定していると、何やら枝に白い綿のような物が付着している

うどん粉みたいに白いから、これが「うどん粉病」なのか

いや、違います。素人ですみません

f:id:shimoten:20190423215445p:plain

枝にビッシリと白い綿のようなものが!

しかし、その枝を切って近くで見てみると「綿」が動いている

なんじゃこりゃー、気持ち悪!

取り合えず写真に撮り、正体を調べた

「綿、白、虫、キンモクセイ」

画像で検索

わかりました!

きらいになれない害虫図鑑

きらいになれない害虫図鑑

  • 作者: 有吉立(アース製薬研究開発本部生物飼育課課長)
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/07/26
 

「ヒイラギハマキワタムシ」

恐らく、ヒイラギハマキワタムシだと思う

カメムシ目アブラムシ科

「雪虫」の仲間で、全身が白い綿状の物で覆われている

幼虫の体長は約5mm位、成虫はコバエの羽が長くなったような姿だ

ヒイラギハマキワタムシの主な発生樹木は「ヒイラギ」と「キンモクセイ」だ

発生期は4月~5月で、摘まむと簡単に潰れてしまう

排泄物が糖分を含んでおり、アリがたかっている樹木には発生が疑われる

甚大な実害は無いが、ウィルス病を媒介することもあり早期に駆除することが望ましい

f:id:shimoten:20190423225010p:plain

柔らかく潰れやすい

対処方法は

ヒイラギハマキワタムシは非常に潰れやすい

普通に摘まんでも潰れてしまう

濡れティッシュや粘着テープで、拭き取ってしまうこと

アブラムシ用の薬剤でも効果があるが、耐性がある種類もある

綿毛が水分や薬剤を弾き、付き難くしている

発生抑制は

ヒイラギハマキワタムシは、風通しが悪いと発生しやすい

出来るだけ雑草を刈って、根元をキレイな状態を保つ

剪定によって内部の日当たりと風通しを良くする 

これからジメジメした季節になると、害虫が増えてくるので注意が必要だ

⬇ポチクリお願いします⬇ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村 

 by サンデーメカニックshimo 

住友化学園芸 ベニカXファインスプレー 1000ml

住友化学園芸 ベニカXファインスプレー 1000ml

  • 出版社/メーカー: 住友化学園芸